一宿一通2

ふれ愛の鍵

一宿一通2

「一宿一通」の終了から約5年。
「一宿一通2」のスタートを決意した、放送作家見習いのテッペイと
ちょっと頼りない(?)アシスタントディレクターのワタル。
ふたりには、人とふれあうことの大切さ、素晴らしさ、
変わらない日本の良さを再確認したい…という共通の想いがあった。

この想いを叶えるためにあるのが、5つの「鍵」。
「徒歩」「民泊」「手紙」…と、基本は前回と同じ。
そこに、今回は視聴者の方もふれあうことができる
新たな「鍵」が加わって新しい旅がスタートする。

1つめの鍵 基本のルートは歩く

何かと効率が重視される現代に変わらない日本の良さを肌で感じるため、
歩いて日本を一周すること。
歩けばふれあい、出会いもたくさんあるはず。
時には、宿主さんのご好意で車で名所を巡るなどの例外も。
ただし、元のルートに戻ってまた歩き出すのがお約束。
前回よりちょっと行程はきついけど、
頑張って歩いていこう。

2つめの鍵 泊まりは民泊

人のやさしさ、家族のありがたさ、真の“ふれ愛”を求めて
出会った方々のお宅に泊めてもらうこと。
もちろんお部屋に泊めていただければ嬉しいけれど、
雨風をしのげる軒下や、倉庫、駐車場…、
寝袋があるからどこでも大丈夫!?
感謝の気持ちも大切にしないとね。
時にはご好意でホテルや旅館に泊めてもらえることも!

3つめの鍵 全都道府県の人を手紙でつなぐ

泊めてくれた宿主とまだ見ぬ次の宿主との“ふれ愛”アイテム
「一通」を書いてもらうこと。
今回は全都道府県の踏破に挑戦しつつ、全国を手紙で紡いでいきます。
「2人をよろしく」というやさしい言葉、2人への激励や涙の別れ…、
旅のキーともいえるこの手紙を、
番組やサイトで全てご紹介する予定です!

4つめの鍵 旅の資金はヤフーオークションで

旅の主旨に共感していただいたタレントや著名人の方々から提供される
貴重な逸品と日本各地でみつけた名産品や、
時には旅先で出会った方からいただく品々・・・
などをネットオークションに出品。
このオークションで得た資金のみで旅は続いていきます。
是非みなさんもオークションの新たなオモシロさを見つけて、
旅人とふれあってください!

5つめの鍵 インターネットを通じて旅を伝える

旅の模様を、ブロードバンド番組やブログ、ネットオークションで全国に伝えること。
ビデオカメラ、デジタルカメラなどを手に、2人だけで旅を進めます。
テレビとは違ったリアルなドラマをインターネットで配信するため
スタッフやカメラマンの同行は一切なし!
毎週月曜から金曜日は、旅人やオークション情報を生放送で、
彼らの撮った約1週間分の映像をまとめた番組も、毎週金曜24時にオンデマンドで配信。